一人暮らしの場合

座った時の目線の高さを考慮する

ローソファーを購入する上で重要となるポイントの一つに目線があります。自宅でソファーの利用は、ただ座るだけでなく何かをする目的で利用するケースは少なくありません。読書やティータイムなど考えられる行動はいくつかある中で、比較的多いのがテレビの視聴です。
このテレビの視聴で気をつけなくてはいけないのが視線の高さになります。一般的に画面の中心部を少し見下ろす程度の角度が理想的です。

家族で生活をしている場合は平均を取る形となりますが、一人暮らしであれば自身の視線だけを基準に決めることできます。そのため、ローソファーを購入する時は、自宅でテレビを視聴すること想定して長時間でも負担にならない高さを意識することが大切です。

デザインだけでなく機能性も追及する

一口にローソファーと言ってもデザインを重視している物から機能に特化した物まで販売しているメーカーによって異なるのが特徴です。ソファーを決める上での見極めのポイントはいくつかありますが、外すことのできない物として機能性が挙げられます。ここで挙げる機能性とは、座り心地や安全面といった物です。中にはただ座るだけだからと深く考えずに、見た目のデザイン性だけを重視して失敗したという事例も多くあります。

毎日使用する物だからこそ、快適かつ安全に使用できることを前提に決めなくてはいけません。そのためできる限り店頭で試座が許可されているお店に足を運ぶことが大切です。確認は座り心地だけでなく、背もたれに寄りかかった時の安定感なども忘れてはいけません。

こたつでソファーが利用できる、便利なダイニングセットです。こたつは高さのあるテーブル式で、テーブルの形(長方形や正方形)に合わせた長短のソファを4面に配置するタイプです。床座りが苦手な方も楽ちんです。