赤ちゃんや子供がいる場合

なるべく低いローソファを選びましょう

赤ちゃんや小さな子供がいる方は、高さが抑えられているローソファーを選ぶようにしましょう。子供と生活する上で最も優先されるべきは、安全面であると言えます。赤ちゃんから小学校低学年位までは、家庭でもなかなか目が離せない時期となっています。そこでひとつの選ぶ際のポイントとして挙げられるのがローソファーの高さです。一般的なソファー座面の高さは約40センチ前後と言われています。そのため、小さい子どもがいる方は、通常のソファーより5センチから10センチ程度低いローソファーがおすすめです。万一子供が体制を崩して転んだり、ソファーから落ちても大ケガのリスクは低く安全です。洗濯や料理など何かと忙しく、ずっと子供を見ているのが容易でないお母さんにとっても安心感があるでしょう。

柔らかい素材を使っている肘掛けが良い

子供の安全面を考えてローソファーを選ぶ際には、柔らかい素材を使用している肘掛けを選ぶ事も重要です。柔らかい素材にしておけば、万一子供がぶつけてしまっても固い木のフレームと比べると衝撃は抑えられます。小さな子供の場合、好奇心が旺盛なため歩き回る事も多く、親にとっては安心できないでしょう。そんな時、柔らかい素材の肘掛けであれば、子供の手を置く際の支えになるだけでなく、クッション材にもなるのでケガを防止できる効果も期待できます。一方、「肘掛けはない方がぶつかる事がないので安全なのでは」と感じている方もいるようですが、実はあった方がいろいろと便利であるとも言えます。例えば子供がソファーの上でうたた寝してしまった場合、肘掛けという支えが側面にある事でソファーからの落下を防げます。

実際に試してみられない通販は、特に大きな買い物の場合には躊躇するものです。ローソファーの通販もそのひとつで、失敗しない為には沢山写真が載っていて説明も詳細なところを探すのが一番です。